HOME > 新着情報一覧 > 夏の元気なエディブルフラワーの秘訣♪

食べるお花たち
~ Edible Flowers ~
新着情報一覧

夏の元気なエディブルフラワーの秘訣♪

こんにちは【横山園芸】スタッフの頼子です♪

梅雨もあけて 益々暑くなり皆様体調管理に気を付けてお過ごしの事と思います。

と、いうことで…… 今回は、病気と害虫対策をどのように行っているか?をご紹介いたします。
横山園芸のエディブルフラワーの殆どは、0.06mmの細な防虫ネットで囲まれたビニールハウスで育てられています。(お家の網戸より細いデス。)

ハウスの出入口も普段は、キッチリ!と虫が入るすき間が無いように閉められています。
採花中は、数個のクリップで出入する度に抑え 虫が入らないように気を付けているんですヨ。

ハウスの中には、虫を誘引して捕まえるシートがぶらさげてあります。
黄色と青があって色によって引き付けられやすい虫が違うのだそうです。
(このシートは、虫を捕まえる役割と言うより どんな虫がいるのか?をチェックするためにも役にたっています。)

それでも 美しく美味しいお花には、虫達が寄ってきます。
毎日の採花中に花達の様子を観察して気づいた事があれば随時 写真にコメントをつけてボスの横山に報告します。
報告をうけたボスは、ニームや、牛乳、焼酎(殺菌効果がある。)などの植物由来の【人には、害のない殺虫剤】で駆除しています。

ごくまれに周りが畑のせいでチョウチョが紛れ混んだりしちゃうんです!
そんな時は、みんなで虫取り網を持って追いかけ駆除します(笑)

私が 初めてエディブルフラワーをボスと採花したときに言われた事を今も忘れずにいます。
「なぜ?僕が白っぽいズボンをはいているか 解りますか?お花を摘んだときにズボンの上でトン♪トン♪するとたまに中から小さな虫が出てくることがあるんです。
この虫を見つけたら直ぐに報告してネ。」
本当に徹底しています。

それと ボスは、よく一ヶ所に同じ花を植えないようにしています。
収穫する私達にとっては、アチコチ行かないといけないのでチョッコシ!面倒なのですが
これは、一ヶ所に同じ花を植えると好きな虫が集まってきて 大発生してしまうから危険分散しているんですって…奥が深いデスネ。

とにかく!一番大切なのは、毎日よく観察して早期発見すること。
勿論、基本的には、丈夫な種類を植えること植えてある場所をキレイに整理整頓して清潔にしておくこと
それが何よりの無農薬栽培の近道デス。

私達横山園芸チームエディブルフラワーガールズは、ハウスの中でも束ねる作業場でも油断せずに目を光らせて できる限り虫がいないキレイで可愛く美味しいお花達をお届けしようと頑張っています。

チカラコブ!!


【購入】
…チカラコブの情熱と、スタッフさんの愛情が詰まった、
横山園芸オリジナルのエディブルフラワーブーケパックも好評発売中です!

「横山園芸」自慢の長持ちエディブルフラワー×2SET
http://edibleflower.shop/shopdetail/000000000042/ct1/page1/order/
「横山園芸」自慢の長持ちエディブルフラワー×3SET
http://edibleflower.shop/shopdetail/000000000043/ct1/page1/order/

※飲食店さまへの直送対応もおこなっております。
お気軽にお問合せくださいませ。